山中比叡平「歴史散歩」<2> 田中伸
歴史散歩<1> 歴史散歩<3> 歴史散歩<4>
歴史散歩<5> 歴史散歩<6> 歴史散歩<7>
志賀の山越えヒストリ8
室町時代の都(京都)の人口は20万人 この頃の坂本の 人口は2万人、全国10位の大都市であった。

(大津は1.5万) 坂本は航路 陸路(北国 山中越)の物流の要であった
山中にも馬借(運送業)があり、延暦寺が山中関を設け 山中口味噌(京都に運ぶ味噌)馬借 酒に関銭を取った

4斗樽(酒) 3荷と人夫で銭100文払った記録かある
ちなみに、この頃の1文は今の金で50円位

この頃の社寺は八坂神社が織物座 南禅寺が油座 北野神社が麹座を管理していた。

写真は日吉大社の大鳥居

志賀の山越えヒストリ7
1443年 武士が延暦寺を襲ったのは信長と 6代征夷大将軍 足利義教だけである

  天台座主でもあった義教は、座主を下りた後に 弟、義承を天台座主に任命した。

義教の家来、山奉行が不正を働き延暦寺ともめた 延暦寺が勝訴 後同調しなかった園城寺を延暦寺が焼討ち
激怒した義教は延暦寺を焼討ちした
この時も志賀越を使っている。

志賀の山越えヒストリ6
1147年 祇園乱闘事件
八坂神社の神人と 平清盛 忠盛の郎党が小競り合いとなって宝殿に矢が当たった事で  延暦寺僧兵などが、日吉大社の神輿を担いで京に乱入し 清盛親子の島流しを求めて強訴した

この頃の延暦寺は独立国状態で鳥羽法皇の権力さえ ねじ伏せる力があり、3日の内に答えを出せと迫った

法王は次の強訴を阻止するために諸国の武士を、かき集め 今道(志賀越)如意ヶ岳路 西坂下へ警備に向かわさせた

約3週間、警備につかせ何とか強訴は回避出来た
法王は清盛に銅30斤の罰金と謝罪

この頃より、じわじわと武士の存在感が増して来た
時々、志賀越は強訴に使われたようです。
写真は志賀越 弁財天灯籠 付近





[Image]