山中比叡平「歴史散歩」<3> 田中伸
<1> <2> <3> <4> <5> <6> <7>
 <8> <9> <10> <11> <12> <13>
志賀の山越えヒストリ13
1573年 磯貝久次は幕臣の身でありながら、信長に 臣従し、明智光秀に所属していたらしい。

山城の土豪山本 渡辺とともに同年2月6日足利義昭の 呼びかけに応じて 信長に反抗して今堅田に兵を入れるが 同年2月29日 明智光秀らに攻められ陥された

  同年7月義昭が挙兵 一乗寺に籠もるが信長の進軍を 見て、すぐに退散して、久次は紀伊の山中に逃亡 1578年2月 吉野山中で土民に殺された。

志賀の山越えヒストリ12
1568年、信長は将軍足利義昭を奉じて上洛している

信長の重鎮、森可成が、宇佐山城を築き、新城に通ずる 新路を開く、志賀越の通行を禁じて新路を通行させたのが 始まりであろう。

1570年 信長は比叡山に居た。湖北の浅井長政と 越前の朝倉義景からなる連合軍の進路を阻むために 山中越の京都、山中間の封鎖を磯貝久次に命じた。

写真は。信長が作らせた、近江神宮〜山中町間を サークルKより望む

志賀の山越えヒストリ11
1564年磯貝久次と立入宗継は、正親町天皇の勅使 として信長に綸旨と奉書を内密に渡すべく、道家尾張守に 取次を頼む

信長は大いに喜び、鷹狩の獲物を鴈汁、鶴を刺身に 自らの手で料理して二人に振る舞った(道家祖看記より)

信長の命令で道家(娘婿)が企て、義父、久次に相談 立入宗継(娘婿)が万里小路惟房を通して天皇に奏上 信長の考えたままの綸旨を受ける事が出来たと私は 思っています。

写真は磯貝家の菩提寺、山中町にある極楽寺 信長の 山門焼き討ちの際に兵火にかかり、1583〜1592年の間に再興している。

陣見山
サークルK 下鴨大津線を挟んだ前の山 山中では陣見山と呼んでいる

見張台でも在ったのか

志賀の山越えヒストリ10
磯貝久次の妻は吉田兼右(家柄は良い)の娘で 二人の間に娘が二人、息子が一人あった。

娘の嫁ぎ先は織田信長公三十六功臣の一人 道家尾張守  禁裏御蔵職(朝廷の金庫番)立入宗継に嫁いでいる

息子千世寿は 元服祝に明智光秀に彦四郎と名を貰った

久次の山城は山中町で奥の城と呼ばれている山頂にあった 今でも土塁や郭の後が僅かににのこつている

山中町の方に聞くと、昔 松茸山で松茸を取った後に 大人数で、すき焼きをするのに、平に掘り返した その後かも

写真はサークルKの立て看板の、真後ろが奥の城

志賀の山越えヒストリ9
山中関を中心に山中の存在が浮かび上がるなかで 山中衆の中から統率者が生まれた磯貝久次である

言継ク記(1553年)に久次であろうと思われる人物が 記載されている。

東山霊山城の戦い(三好長慶と足利義輝)三好は2万5千 の軍で都に入った、義輝は船岡山に、城には、松田監物 醍醐三宝院衆 磯貝久次が残った

戦いはすぐに終わった。城は焼かれ、三好軍は5,6人 の死者 負傷者15,6人 足利軍側は松田監物、自害 三宝院衆に負傷者、磯貝久次軍の事は、書かれていない

義輝は逃亡し、5年の歳月を朽木に身を置いた。

写真は清水三年坂から霊山を見る





[Image]